FPコンサルオフィス株式会社

退職後の健康保険は任意継続?国保?扶養?

ご承知の通り、日本は国民皆保険制度です。
退職後の健康保険について、ご自身で以下のいずれかに加入する手続きを行います。( 特例退職被保険者制度は除いております

国民健康保険に加入・・・市区町村にて
  前年の所得などに応じて決定されますので、人によって自治体によって異なります。
  退職日の翌日から2週間以内に手続きを行わなければなりません。
  減免制度があります。
  国保の加入者は40歳以上の中高齢者が多く、加入者の60%が減免制度を利用しているようです。
  国保には扶養者という概念がありませんので、扶養家族の人数によっては任意継続が良い場合もあります。
        いったん国保に加入すると、任意継続への変更はできません。

②ご家族の健康保険(被扶養者)に加入・・・ご家族の健康保険組合にて
  配偶者や子供の健康保険の扶養に入ることで、保険料負担無しで健康保険に加入できます。(条件確認要)
  被扶養者の範囲は年収130万円未満ですが、60歳以上であれば、年収180万円未満であることや扶養される家族の年収の1/2で
  あることが必要です。
  従いまして、年金がしっかりある場合、該当しない可能性もあります。

③任意継続健康保険に加入・・・加入していた勤務先の健康保険の保険者にて2年間加入可能
  退職時の標準報酬月額が前提ですが、退職時の標準報酬月額が30万円(上限)を超えていた場合は、30万円の標準報酬月額により
  算出した保険料となります。
  退職後(資格喪失後)は全額自己負担となり、原則2年間変わりませんし、国保へ変更もできません。
  手続きは資格喪失後20日以内に行わなければなりません。
  扶養家族の方の保険料はかかりません。(国保は世帯の加入人数で保険料が異なります)

 ②③の保険給付については、これまでと原則同じですが、傷病手当金および出産手当金は支給されません。
 また、健康保険組合にもよりますが、人間ドックの受診補助があったり、保養所施設を活用できたりします。

いろいろあるが、退職後はどれを選ぶ?

お金のことになりますので、事前にシミュレーションをしておくことが大事になります。
任意継続?
減免制度のある国保?
子供がいるから扶養に入る?
子供はいないから任意継続か、国保か