FPコンサルオフィス株式会社

 NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)とは

2014年に開始された税制優遇制度です。一般NISAと言われています。
NISA口座内の投資枠120万円までの株式や投資信託の値上がり益、配当金などに対して20.315%の税金がかかるところ、NISA口座で運用した利益は非課税となります。ただし、損益通算や損失の繰り越し損失(3年間繰り越せる「譲渡損失の繰越控除」)はできません。
つまり、利益が発生してはじめて効果のある制度であり、NISA口座で買ったものが必ずプラスになるという話ではありません。
なお、新しい制度が2024年から始まるため、新規設定は2023年までとなります。
 

 口座開設について

NISA口座は、ひとり一口座です。

一般NISAとつみたてNISA、どちらかひとつしか選択できません。

 対象者について

日本にお住まいで口座開設する年の1月1日現在で満20歳以上の個人

 年間非課税投資枠(非課税投資額)上限額と保有期間について

一般NISAの場合、120万円
5年

 

つみたてNISAの場合、40万円
20年
一般NISAおよびジュニアNISAは5年間、つみたてNISAは20年間で、非課税期間の終了時期は、投資した年から数えて5年目と20年目の年末までです。

 対象商品 について

一般NISAの場合

上場株式、投資信託、ETF、REIT等

 

つみたてNISAの場合

国(金融庁)が認めた投資信託

 スイッチングについて

スイッチングとは、保有商品を売却し、別の商品を購入して入れ替えることですが、NISA口座で行う場合、売却しても、その分の非課税投資枠を再利用できず、購入するためには、その年の非課税投資枠を新たに利用することになります。

 ロールオーバー(非課税期間終了時)について

非課税期間が終了した際には、NISA口座で保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移管することができます。
この移管のことを「ロールオーバー」といいます。
なお、ロールオーバー可能な金額に上限はなく、時価が120万円を超過している場合も、そのすべてを翌年の非課税投資枠に移すことができます。

しかし、ロールオーバーした分だけ非課税枠を使うという認識になりますので、新規投資枠が小さくなります。

 つみたてNISAについて

2018年1月より「つみたてNISA」が開始されました。つみたてNISAは一般NISA同様、値上がり益等が非課税となります。
つみたてNISAは積立投資のみで、非課税期間が20年です。

一般NISAとつみたてNISAは併用できません。

 非課税期間は20年

(出典)金融庁HP「つみたてNISAの概要

 NISA、つみたてNISAの口座数

2021年6月末現在のNISAの口座数は、
 ・一般NISA  1,237 万 2,998 口座 (買付額 22 兆 9,097 億 4,253 万円)
 ・つみたて NISA 417 万 5,430 口座(買付額  1 兆 658 億 2,787 万円)
 ・ジュニアNISA  56 万 9,639 口座(買付額   3,317 億 1,952 万円)